引越し 松山 台風 大雪

引越しと台風と大雪

引越し 台風 大雨

 

当たり前なのですが、引越しの時の天気を選ぶことはできません。

 

もしかしたら大雨になるかもしれませんし、大雪になるかもしれませんし、台風が直撃するかもしれません。
引越し当日がひどい悪天候だった場合、引越し作業はどうなるのでしょうか?

 

普通の雨や雪の場合は中止になることはほとんどなく、家財ができるだけ濡れないように対策をしながら荷物の運搬・配送します。
防水マットを敷いたり、タオルで拭きながら作業したり、替えの靴下を多めに持って作業に当たるそうです。

 

でも完全防水は不可能です。
水分に弱い電化製品や革製品は、梱包の時にしっかりビニール袋に入れて濡れないように自分でも対策しておきましょう。

 

さて台風や記録的大雪などの悪天候の時は、まず引越し業者と話し合って対応を決めましょう。
連絡を待っているとキャンセル料がかかる時期に差し掛かるかもしれないので、自分から連絡してください。

 

台風が発生して直撃の予報が出た段階で相談しましょう。
キャンセル料は引越し前日から必要です。請求されるかどうかは引越し業者次第です。

 

悪天候の中、何とか荷物をトラックに積み込めたとしても依頼者が新居にたどりつかない可能性があります。
飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるので、どうするべきか話し合いが必要なのです。